やってはいけない二つのダイエット法

resize

やってはいけない、もしくはお奨めできない二つのダイエット法を紹介したいと思います。

まず“一点もの”ダイエットです。

一点ものダイエットという言葉は、私の造語なのですが(笑)、バナナがいいと聞けばバナナしか食べない、寒天がいいと聞けば寒天しか食べない、まさに一点集中型のダイエットのことです。

完全食」という言葉があります。たとえば玄米やサツマイモがそうだとされていますが(カロリーメイトは完全食かどうかなどいろいろ議論はありますが)、要するにそれだけを食べていても、人間が必要とする栄養素が全て含まれているので、生きていけるという食材のことです。

完全食といっても、あくまでも栄養素が満遍なくはいっているということであって、最適な配分ではいっているわけではありませんので、それだけを食べていては栄養に偏りがでてきます。

しかし一点ものダイエットにおける食材は、完全食ですらありません。

寒天にはわずかな炭水化物は含まれていますが、たんぱく質や脂質はまったく含まれていません。だからこその低カロリー食品なのです。もし寒天のみを食べていたら、ほとんど絶食に近いので、最終的には生命にかかわります。

バナナも一時期ダイエットにいいということで、店頭からなくなる騒ぎがありました。バナナは確かにすぐにエネルギーになる糖から後からエネルギーになる糖まで、多種多様なエネルギー源を備えている食材ですが、ダイエットにいいというよりはアスリートにとって良い食材です。

それだけを食べていると、バナナは炭水化物が豊富ですが、たんぱく質がないため、健康な筋肉や骨を維持することはできません。

1点ものダイエットは結局栄養の偏りを生み、美容や健康を損ねてしまいます。

s_photo_00239

やってはいけないダイエット2番目は、“サプリメント”ダイエットです。

最近は、一日○○分のxという宣伝文句がはいった商品など、サプリメント的食品のようなものが多くなっています。

一点ものとちがって、色々なサプリメントを摂取すれば、必要な栄養素は全部取れると思うかもしれませんが、人間はロボットではなく動物なので、口で食べ物を咀嚼しそれが食道を通って胃にいって消化され、腸内で排泄物に変わり、お通じで出すという一連のプロセスがないと、身体のどこかに変調をきたしてしまいます。

サプリメントによってビタミンを過剰に摂取しても、最終的には尿として排出されますが、鉄や亜鉛などのミネラル類の中には、そのまま身体の中に残留して蓄積されていくものもあります。長期的に特定の栄養素を大量に摂取した場合の身体的影響については、医学的に研究が蓄積されておらず、安全とは言いがたいのです。

サプリメントには、市販されていてもすべてが安全に作られているのかどうか、ブラックボックスのところがありますし、その効能についてもどこまで医学的なチェックをへているのか、疑わしいものもあります。

サプリメントについてはあくまでも補助的なものに留めておき、どうしても苦手で食べれない栄養素をピンポイントとして摂ることをお勧めします。

そもそもサプリメントはビタミンやミネラル類など、もともと低カロリーの栄養素が多く、ちゃんとした食材から経口摂取しても、カロリー的には何の問題もありません。サプリメントに頼らず、しっかりとした食材からとることが大事です。

このように一点ものダイエット、サプリメントダイエットは、栄養素の偏りを招き最終的には体調を崩します。

バナナや寒天など、単独でダイエットに良いとされる食材は、すばらしい成分を持っていることは確かですが、そのことをそれだけを食べればよいと勘違いしては、美容と健康にとって逆効果になります。

あくまでも多品種の食材を、少しずつ摂取することに勝るものはないのです。カロリーは必要な栄養素を全部とった上で、総量を抑えるようにしましょう。

*画像は白背景専門サイトさんからいただきました

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.