自分でチェックできる腸年齢の測り方

腸

自分の腸年齢が実年齢と比べて若いのかそうでないのか気になるところですね。

一般的には腸年齢というのは、ストレスのない生活をしていること、ヨーグルトや食物繊維など腸内細菌にやさしい食品を日常的に摂取していること、運動をしていること、ポジティブ思考であることなどが大きく影響していると考えられています。

腸年齢については以下のような簡単な質問に答えることで、自分で実年齢との比較ができます。エクササイズ雑誌のTarzanさんが腸内環境について特集を組んでおり、そのなかでこの簡便なチェックリストを紹介してくれています。

チェックリストは生活習慣、食事、トイレという3つの大きなカテゴリー別に、それぞれ8つの質問に答えていくというもの。チェックが入った項目が合計して4個以下の場合は腸年齢と実年齢が一致、チェックが5~9個だと実年齢プラス10歳、チェックが10~14個だと実年齢プラス20才、チェックが15個以上なら実年齢プラス30歳になります。

生活習慣に関する質問

  • 排便の時間がまちまちである
  • おならが臭いといわれる
  • タバコを良く吸う
  • 顔色が悪く、老けて見られる
  • 肌荒れや吹き出物がでている
  • 運動不足である
  • 寝つきが悪く、寝不足である
  • ストレスがいつもある

食事に関する質問

  • 朝食をとらないことが多い
  • 朝食を軽く短時間で済ませる
  • 食事の時間が不規則である
  • 野菜不足だと思う
  • 肉類が大好きでいつも食べている
  • 牛乳など乳製品が苦手である
  • 外食が週4回以上である
  • お酒を毎日飲んでいる

トイレに関する質問

  • 力まないと出ないことが多い
  • 排便後も便が残っているような感覚がある
  • 便が固い
  • コロコロした便が出る
  • 時々便が緩くなる
  • 便の色が黒っぽい
  • 出た便が便器の底に沈みがち
  • 便が臭いといわれる

日本人も食の欧米化がすすみ、大腸や小腸、そしてその中に住む腸内細菌への負担が増しています。自分の腸について考えてみることで、普段の生活習慣についても見直す機会にしてほしいですね。

イラスト:hozuさま

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.