三輪山/大神神社へサイクリング

Photo (34)

今は新緑の季節なので、サイクリングをかねて三輪山の大神(おおみわ)神社に行ってきました。大神神社というと日本最古の神社の一つといわれる歴史があります。

三輪山に近づくと、遠くのほうからでも巨大な鳥居が見えてきます。なぜここまで巨大なのかといいますと、山そのものが御神体であり社(やしろ)なので、その玄関口である鳥居もそれに見合った巨大さになるというわけです。初めていかれる方はその姿をみると驚かれると思います。

Photo (31)

巨大鳥居の裾には、三輪そうめんのレストランがあります。さすがに混んでいるようでした。三輪地方はそうめん発祥の地といわれています。三輪でつくられたそうめんには鳥居のマークがはいっていますのでご確認ください。

img02

巨大鳥居をくぐって第2の鳥居(一番上写真)から入りますと、そこは新鮮な空気と新緑のまぶしさが感じられる参道でした。

 

Photo (42)Photo (43)

先ほども述べましたように本殿は御神山である三輪山ですので、建物としての本殿は無く、この建物はあくまでも”拝殿”なのです。とはいえ立派なお社であることはまちがいありません。

Photo (27)

近くには幾つかの規模の小さい神社があり、狭井神社もその一つなのですが、そこが三輪山への登山口になっています。山そのものが御神体なので撮影や飲食は禁止されており、受付をすませてからでないと入山することはできません。入山されたい方は午後2時までに受付をすませて入山してください。

Photo (41)

奈良というとどうしても奈良市内を中心とした県中央部に観光資源が集中しており、南部にまで観光に訪れる人は相対的に少ないと思いますが、大神神社のある桜井市には有名な長谷寺がありますし、近くには世界最古の木造建築である法隆寺や柏原神宮、以前紹介したこともある談山神社、夢舞台など、サイクリングにはちょうどよい距離に大きな観光資源がいくつもあります。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.