日本人はお肉をもっと食べるべき!?

8d863s000003ceds画像参照Jミルク

医食同源という言葉があります。日頃の食こそが医療であるという考え方を表す言葉です。長生きされている方を取材すると、ステーキやトンテキなどを積極的に食されているという方が多いようです。

ではお肉を食べることは長寿につながるのでしょうか。それに答えるために、まず日本人の歴史的な身長の推移を見てみたいと思います。

日本人の身長の歴史的な推移を見てみると面白い事実に気がつきます。歴史的に見て一番背が低かった時代は、在る説によると江戸時代だというのです。江戸時代というと、いまの日本料理を代表する寿司、天ぷら、そば、うなぎの蒲焼、居酒屋など多様な料理形式を生み出した時代にもかかわらずです。

その理由については色んな説があって、必ずしもこれといった定説はまだ存在しないのですが、その一つに”偏食”があるといわれています。

人口の大部分をしめる農民の食事はおもにひえやアワ、麦などの雑穀、おいもなどの根菜類でした。たんぱく質は納豆や小豆などの豆類からとっていたようです。玄米などは完全栄養食というように、それだけ食べていれば基本生きていけるという食べ物です。農民は平均的に玄米にお汁をぶっかけて食べていたようです。

それでは江戸時代の人は動物性たんぱく質であるお魚や牛肉豚肉などは食べていたのかといいますと、お魚は沿岸部では食べられていたでしょうし、干物があるので多少は内陸部でも手に入ったと思います。川魚も取っていたでしょう。ただそれが日常の食卓に上っていたかというとそうではなかったと思われます。

藩が分かれていたため食文化についても地域差はかなりあったようです。薩摩では犬を含めてかなり獣肉(いのしし、馬、牛、キジ、うさぎ)が食されていたといいます。信州では今でも蜂の子などの佃煮が名産ですね。これはたんぱく質不足から必要に迫られてのものだったと思われます。

また戦国時代が終わって太平の世が到来し、生類憐みの令などに代表されるように肉食がご法度となる風土ができていくなかで、特に天領では獣肉食は忌み嫌われるようになっていったと考えられます。

仏教が日本に根付く奈良飛鳥時代から鎌倉時代まで、古墳時代までを境に身長が下がり続けているのを見ても、宗教的禁忌の影響は大きかったように思われます。室町から戦国時代にかけて身長が伸びているのは戦乱の世であったためで、体力をつけるために肉食が普通に行われていたことを意味するのでしょう。

つまり江戸時代が最も低身長であったのは、宗教的価値観であれ絶対的な家畜生産量の不足であれ、動物性たんぱく質の不足から来る偏食にならざるを得なかったからだと考えられます。

戦後の身長の急速な成長率は、やはり食の欧米化が大きく影響していると考えていいでしょう。特にミルクやチーズなどの乳製品、牛肉の輸入自由化による低価格化などがお肉の摂取割合の増加につながっているわけです。そして身長が伸びるのと同時に、日本人の寿命も延びていきました。

こうしてみると肉食が寿命を延ばすのかどうか諸説あると思いますが、歴史的な経緯をみると効果的であったと結論付けても良いかもしれません。ただし留保も必要です。お肉を良く食べる人が長生きするのか、胃腸がもともと強い生命力のある人がお肉を好んでいるのか、そこは判断が難しいということです。

またお肉が栄養にいいからといって、食べすぎはよくありません。動物性たんぱく質を大腸内で消化すると悪玉菌が増えて、腸内環境を悪化させてしまいます。結果大腸がんのリスクを高めてしまいます。

なんでもそうですが一番大事なのはバランスです。好き嫌いせずなんでも食べて、そして食べ過ぎない。食べすぎな人はしばらくは素食がいいだろうし、素食の人は今よりもすこしお肉の量を増やしていきましょう。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.