③ランニング時の下腿部の痛み診断:こむら返り

sg-00052no01mS

前回はふくらはぎの肉離れでした。今回はこむら返りです。

こむら返りの”こむら”とは”誹”のことで、要するにふくらはぎのことです。したがって該当する筋肉はふくらはぎの誹腹筋にあたります。

こむら返りが起こる一つの理由は、この筋肉の緊張・弛緩のバランスを司るマグネシウムの不足です。ランニング中の発汗によって、体内のマグネシウムが流出するとマグネシウム不足に陥ります。したがって走行中はスポーツドリンクをよく摂取しましょう。

よく足がつるという人は、日頃からマグネシウムを含む食品をとりましょう。マグネシウムは枝豆、パセリ、きな粉、納豆、ごま、落花生、煮干し、いわし、あさり、ひじきなどに多く含まれています。

また寝不足、ストレッチ不足、冬場の寒さなども影響してきます。こむら返りが起こった日は暖かいお湯につかり、よくマッサージをしてください。その後のアイシングも大事です。

こむら返りは肉離れの前兆であることが多いので、甘くみないでしっかりとしたケアをしましょう。以上でランニング時の下腿部の痛み診断シリーズを終わります。

This entry was posted in 運動, ランニング時の痛み. Bookmark the permalink.