効率的に筋肉を強化する幾つかのコツ

3091819428_655b1d0077_o-2

筋トレの目的は様々です。スポーツにおける肉体改造、美容や見た目、ダイエットから老化による身体機能の保持など色々あると思います。筋トレは毎日の地味な努力の積み重ねなので、せっかくなら効率的な筋肉強化につなげたいですよね。

そのためには幾つかの”コツ”があります。それを今回は紹介します。

まず、筋トレ中に自分が現在動かしている筋肉の部分に意識を集中させることです。こういうと集中してます!って声が聞こえてきそうなのですが、ほとんどの人は「力をいれること」に集中しているのであって、「現在鍛えている筋肉の動き」に意識がいっているわけではないのです。

意識づけるためには今まさに鍛えている筋肉の部分に視線を向けてみましょう。そうすることで嫌が上でもなく意識が当該筋肉に向くのです。動かしている筋肉に意識が向くと、自然とそこだけに力が集中して、効率的な筋肉強化につながるのです。

また呼吸法も大事です。初心者はどうしても力を入れる際に息を吸い込んでしまうか、止めてしまいます。呼吸を止めてしまうとどうしても頭に血が上り、結果血圧が上がってしまいます。したがって力を入れる際には息を吐き出すことが大事なのです。特に身体のほうに引き付けるようなトレーニング以外の時は息を吐き出しましょう。そうすることで筋トレ中においても酸素を恒常的に取り込めることになり、疲れずにトレーニングを続けることが可能になります。

さらに食事法も大事です。筋トレ前に胃腸に負担をかけない程度に軽く、バナナなどで糖分を摂取しておきましょう。空腹で筋トレをしても力が入らないですし、エネルギーが続きませんので。とはいえ、おなかいっぱいになるまで食べてから筋トレをするのもよくありません。食べ物を吸収消化しているときに筋トレをはじめると、内臓に向かった血液が筋肉のほうにも分散されて、内蔵に負担がかかります。

筋トレ後はヨーグルトやお肉や魚やプロテイン飲料などで筋肉の源となるアミノ酸やたんぱく質を補給しましょう。ヨーグルトは吸収がよく内臓に負担をかけません。筋トレで破壊された筋肉の細胞がアミノ酸などで修復されます。

以上幾つかの効率的な筋トレに必要な工夫について紹介しました。せっかく時間やエネルギーを割いてトレーニングをするわけですから、効率的に鍛えてできるだけ速くその成果を目に見える形で出したいですね。

This entry was posted in 筋力トレーニング, ダイエット. Bookmark the permalink.