DHAをとるにはサバの野菜炒め

images (6)

先日テレビでこの冬おすすめのお魚をランキング形式で紹介をしていました。そのなかでランキング1位に輝いたのはサバでした。サバが1位に選ばれた理由は、この時期油が一番乗っており、かつその油が大変健康に良いからです。

その油とはDHAとかEPAとかであり、最近はよくサプリメントの宣伝にでてきますのでご存知の方も多いと思います。

DHAとは”ドコサヘキサエン酸”の略称です。青魚、まぐろやかつおに多く含まれる必須脂肪酸です。この”必須”という名称がついているのは、身体の代謝に欠かせない脂肪酸だからです。またヒトの脳や網膜のリン脂質の主要な成分など、脳や神経組織に不可欠な成分であり、DHAを摂取することにより、脳がスムーズに情報伝達を行えるという効果があるといわれていますので、認知症予防にも有効だといわれています。また、精神の安定に寄与するとも言われています。

EPAとは”エイコサペンタエン酸”の略称です。DHAと同じく、いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれる必須脂肪酸のひとつです。DHAと伴に体内では生成できないので、必ず体外から摂取する必要があります。

EPAが注目されるようになったのは、1960年代にグリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査がきっかけです。この調査ではイヌイットには、心疾患がほとんど認められませんでした。このことからEPAなどの脂肪酸が動脈硬化を予防すると考えられています。

ではこれらDHAやEPAをサプリメントでとってしまえばいいかというと、これも考え物です。サプリメントは特定の成分を凝縮したものですから、どうしても過剰摂取のリスクがあります。またやはり食材から摂取するのとサプリメントをピンポイント摂取するのは違いますし、食べ合わせの問題もあります。日頃バランスの良い食事を心がけながら、どうしても忙しくて調理の時間が取れないなど、そういう場合に限ってピンポイントで摂取するのがよいでしょう。

サバの野菜炒めは調味料がいりません。サバの油がどんどん染み出してきますので、それだけでおいしく召し上がれます。サバの油は潤滑油そのものです。この時期積極的に食材にとりいれてほしいですね。

画像はいらすとやさんからいただきました

This entry was posted in 食事, 認知症. Bookmark the permalink.