タモリさんの健歩術

tamori

タモリさんというとずっと昼のワイドショーを担当し、最近はブラタモリなどでその健脚を披露されています。過去数十年にわたってお昼の生番組を週五日休まずにこなすというのは、本当に大変なことです。そんなタモリさんの健康術についてすこし紹介してみたいと思います。

タモリさんというとブラタモリで惜しげも無く披露されていますが、趣味の一つは古地図を持っての散策です。特に「坂道研究家」と呼ばれるくらい、坂道がお好きなようです。番組でもその博学な知識を披露されています。

こうしてみるとものすごく歩いていることがわかります。歩いていないととてもじゃないですが知識と実地との重ね合わせができないわけで、かなり歩かれているのは事実でしょう。仕事の差し支えの無い都内であれば、ほとんどすべて歩きつくしているのではないでしょうか。

実際タモリさんは朝食をとる前の2時間、歩くことを日課とされてるようです。またお昼の「笑っていいとも」の収録を終えると、そのまま新宿のルミネから目黒の自宅まで歩いて帰られてたそうです。大体距離にして10キロですから、やはり2時間はしっかりと歩いてるわけで、趣味を兼ねているとはいえたいしたものです。

早朝に歩いているのはもちろん気分がいいということもありますが、そこはやはり有名人ですので人のいない時間帯を選んでいるということもあるでしょう。そういうわけで一般人よりも制約の多い生活の中で、しっかりと習慣化されているところは本当に見習いたいですね。

この他タモリさんというと自己流の健康術があります。たとえば食事は1日2食、朝食のほかは昼飯を3時か4時ぐらいまでに食べて後は食べないそうです。これは年齢と伴に代謝が落ちるため、1日3食は太るからという理由だそうです。またおなかのベルトが上から見えなくなると、見えるまで絶食するということもよくあったそうです。

こうしてみるとタモリさんははちゃめちゃな芸人のようにみえて、自分で決めた健康法を上手に習慣化することに長けている方のように思えます。ダイエットでも何でもそうですが、意思の力よりも習慣の力を有効に活用することで余分なエネルギーを使わずにすみます。

タモリさんの健康術は習慣の力ともいえると思います。そしてその習慣化のために自分の趣味や嗜好をうまく生かしていることがポイントではないでしょうか。

This entry was posted in 運動, 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.