炭水化物と糖質と糖分の違い

糖質糖類炭水化物

最近ダイエットの影響で、糖質ゼロとか糖類ゼロなどの言葉が流行っています。それでは糖質と糖分ではどのようなちがいがあるのでしょうか。

まず糖質から説明しますと、糖質とは「炭水化物から食物繊維を抜いたものの総称」であるということです。たとえば炭水化物の代表である白米には基本的にはでんぷんと食物繊維でできています。でんぷんはブドウ糖でできており、つまりは糖質の一種にあたります。

次に糖質は砂糖などを含む単糖類に多糖類やアルコール糖などを加えた総称になります。つまり大雑把に言えば”糖質=単糖類(砂糖など)+多糖類+アルコール糖”ということになります。そして単糖類に二糖類を加えたものを糖類といいます。したがってわかりにくければ、炭水化物の一部が糖質であり、糖質の一部が糖類という理解の仕方でよいと思います。

さてそれでは糖分とは何を表すのかというと、実はあいまいな概念であり、一般的には「甘いものの総称」という理解でかまわないと思います。栄養学的に定義された言葉ではないのです。

糖類ゼロで甘いなら、糖類ではないけれど糖質には含まれる多糖類やアルコール糖などの甘味料が含まれているのでしょうし、糖質ゼロで甘いならおそらく人工甘味料が入っているのだと思います。

糖質ゼロでも糖分ゼロでも完全にゼロというわけではなく、国が定めた基準値以下という意味ですのでお気をつけください。糖質糖類ゼロの飲料水も大量に飲むとそれなりのカロリーになります。糖類/糖質は血糖値を上げるため、高血圧や肥満などの元になります。日頃から適正水準の糖を摂取するよう心がけたいですね。

This entry was posted in 食事, ダイエット, その他. Bookmark the permalink.