人工甘味料について

20150108gokuzero3506p

前回糖質と糖類の違いなどについて紹介しましたので、今回は人工甘味料について説明します。人工甘味料はよりカロリーを抑えながら砂糖と同じような甘さを提供する人工的な合成食材のことです。

最近は糖質・糖類ゼロに加えて人工甘味料ゼロの飲み物も出てきました(上の画像)。ちょっと昔は人工甘味料を使っていることを宣伝してたわけで、甘味料への見方が販売側でもすこし変わってきたのかもしれません。

人工甘味料は天然の素材から人工的に合成されたものと、もともと天然には存在しないで完全に人工的に合成されたものの2種類がありますが、基本は後者のものを指すことが多いです。

人工甘味料は多くの種類がありますが、代表的なのはキシリトール、スクラロース、サッカリン、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクロース、ネオテームなどです。昔はチクロやズロチンなども良く使われていましたが、毒性が判明してからは禁止されています。

キシリトールというとガムに多く使われています。理由は虫歯を予防する効果があるとされているのですが、市販のガムの内容量程度では顕著な効果はないそうです。また骨粗しょう症にも効果があるとされています。カロリーも低く、特にこれといったデメリットもないため最近は良く使われる人工甘味料のひとつです。ただし下剤のような作用もあるそうなのでお気をつけください。

サッカリンというのもおそらく名前は聞かれた方が多いと思います。サッカリンは一度は発がん性があるという指摘があって禁止されましたが、その後の研究では毒性は確認できなかったため、一部の食品や用途には使用が許可されているようです。アメリカや中国では普通に使われているようです。

スクラロースはスクロースの600倍の甘さをもつといわれる甘味料です。サッカリンなどと比較しても苦味がないため、よくアイスクリームや清涼飲料水などに利用されます。もともと砂糖を基にして作られているため、味も砂糖に近いマイルドなものになっています。

肥満を予防するはずの人工甘味料が逆に肥満を引き起こしているという説があります。よく研究されているものの、決定的なものはまだ存在していません。特に人工甘味料と肥満や糖尿病との関係については関心が高いものの、まだなんともいえないという段階です。これには人工甘味料の人体への影響を量るには、長い年月大量の対象者を追跡調査しないといけないという問題が大きいのです。

しかし大事なことは人工甘味料に限らず、特定のものを恒常的にかつ大量に摂取することは身体に良くないという一般則です。もし多少肥満気味で毎日人工甘味料を摂取しているという人は、根本の食生活から見直してほしいですね。

This entry was posted in 食事, 骨粗しょう症. Bookmark the permalink.