スポーツに欠かせないバナナ

7daf5b16-352f-45f3-887c-a7742122714d

野菜や果物の中でもバナナはアスリートたちに愛されてきた食べ物です。テニス選手もロードレーサーもマラソンランナーもバナナを試合中に補給しているのをよくみかけます。

それではなぜバナナは特別なのでしょうか。それはバナナに含まれる多様な糖類(炭水化物)にあります。

糖類といっても分子構造や吸収力の違いで種類があります。大きく分けると二つで、単糖類と多糖類です。単糖類は構造が単純なため消化吸収が早い糖類で、果物、フルーツジュース、はちみつ、砂糖、キャンディー、ソーダなどの清涼飲料水などに含まれています。

これに対して多糖類は、単糖類よりも構造が複雑で消化吸収に時間がかかり、米、ジャガイモ、そば、うどん、パスタ、豆類などに含まれています。

そしてバナナは単体でこれら二つの糖類を含んでいるのです。そのためバナナひとつで即効性がありかつ持続性もあるエネルギーの吸収に役立つのです。これがテニスやロードレーサーなど長時間の運動を強いられる持久力系のアスリートたちに重宝がられるわけです。

バナナにはこれらの糖類を効率よく吸収させるビタミンBも豊富に含んでいます。ビタミンBはバナナ以外なら豚肉、レバー、豆類に含まれているのですが、いずれも摂取するのに手間がかかる食品ですので、バナナによる摂取がいかに効率的か理解できると思います。

ビタミンのほか、バナナにはカリウムやマグネシウム類が含まれていますので、筋肉系の痙攣などを予防する効果を持っています。これもアスリートがバナナを好む理由の一つですね。

このようにバナナはオールインワン、バナナだけであれこれ他の食材を食べ合わせる必要がない、サプリメントのような食品です。実際サプリメントやエネルギージェルなど栄養補給の手段が洗練化してきた一時代前では、バナナは時代遅れの果物だとみなされて、すこし廃れていたときもあったのですが、今ではアスリートたちに見直されて重宝されています。

一般の人にとってもバナナは栄養素が豊富なわりにカロリーが低く、また腹持ちもいいためダイエットにも有効な食材です。価格も他の果物類と比較して安いため、お財布にもやさしい食材ですので、ウオーキングのお供などに活用してほしいですね。

This entry was posted in 運動, 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.