血圧の上手な測り方

images (2)

日常的に家庭において血圧をはかりそれを記録して、健康のバロメーターにするのはとても大切なことです。家庭で計ることが大事なのは、日常的に計ることで血圧の上下により身体の不調を早期に発見できるからです。

血圧には上と下の二つの数値があります。「上」の数値は収縮期血圧といい、心臓が収縮すると血液が血管に送り出され血管に圧力がかかる際の血圧のことです。「下」の数値とは拡張期血圧といい、心臓が血液を送り出したあとにいったん拡張し肺などから血液を吸い込みます。このときの血圧が最も低くなる数値のことです。

この二つの血圧値を日常的に把握することで、健康のバロメータにすることが可能になります。

さてせっかく血圧を測るのですから、できるだけ正確に計れるように工夫することが大事です。幾つか”コツ”がありますので参考にしてください。

まず計る時間ですが、一度決めたら毎日同じ時間に計りましょう。あるときは朝、あるときは夜というのはよろしくありません。できれば朝晩2回計測するのが好ましいです。

そしてその時間帯ですが、朝起床後1時間以内に、朝食を食べる前、排尿後に計るのがよいでしょう。夜なら就寝前ですが、食後1時間以上後にしてください。また薬を服用されている方は、薬を飲む前に計ってください。薬を飲んでから計ると、薬の影響をこうむってしまいます。

また入浴についてですが、入浴前に計るか、入浴後1時間ぐらい経過してから計ってください。じゃないとお風呂に入るとどうしても血圧は高くなってしまいます。

次に血圧を計る場所ですが、「心臓の高さにある上腕の血圧を座って計測した値」が基準です。必ず座って測ることが大事です。手首や指先で測る装置もありますが、測定値が安定しないためあまりお勧めできません。座った状態で1~2分ほどリラックスしてから計りましょう。姿勢をよくして力を抜いて計りましょう。

記録の仕方ですが、もちろん紙と鉛筆で記録するのは結構なことですが、最近は測定するとすぐにパソコンにデータが記録される連動型の装置も販売されていますので、そちらのほうが手間もいらず、何かあったときでもお医者さんに簡単にデータ送信ができるので便利だと思います。

血圧は上下の血圧が基準値に収まっているかどうかが大事ですが、同時に上下の血圧差も大事です。これを”脈圧”といいます。脈圧の大きさは動脈硬化の進行具合と関係していることがありますので、把握することが大事なのです。

血圧測定は歯磨きと同じように大事な生活習慣です。特に高血圧で悩まれている方は常に自分の血圧を記録して意識してほしいですね。

This entry was posted in 生活習慣, その他. Bookmark the permalink.