冬季うつへの対処法

704

寒くて暗い季節は気分もふさぎがちになります。少々気分が落ち込む程度ならよいのですが、慢性的にかつ日常生活に支障をきたすほど落ち込んでしまうという場合は、”冬季うつ”を疑ってみても良いでしょう。

一般的なうつと多くの症状が一致しますが、冬季うつの特徴的な症状があります。それは不眠というよりは過眠気味になるということと、炭水化物を取りたがるようになるということです。

これらの特徴は人間がクマと同じ恒温動物であることからきているという説があります。つまり冬になって昼間でも眠気が強く過眠気味になるのは、冬眠の症状に近いという考えです。緯度の高い地域に住む人の冬季うつ発症の割合は南方地域に住む人よりも高いといいます。

対策法はできるだけ日光に当たる時間を増やすことです。日光に当たると人体はセロトニンという脳内物質を分泌しますが、この物質は多幸感を与えてくれることで知られています。そしてこのセロトニンは先ほど述べたような眠気を催すメラトニンと対極な物質でもあるのです。したがってメラトニンの分泌を抑えセロトニンの分泌を増やすということが、冬季うつを改善する方法だということになります。

日光のほかには、規則正しい早寝早起きを心がけること、適度な運動をすること、セロトニンを分泌させるような食品を摂取することなどが必要です。

食品はセロトニンを生成させるトリプトファンを多く含んだものがよいでしょう。たとえば牛乳・チーズ・ヨーグルト・豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などです。カツオ・マグロなどのお魚関係、アーモンド・ピーナッツ、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。

冬季うつは女性よりも男性のほうがかかりやすいともいわれています。人付き合いが億劫になって家にこもりがちになったりして、全般的に行動意欲が低下します。無理に気持ちを奮い立たせることも逆効果になりがちなので、普段から外に出て運動する習慣や食生活も意識して改善しておきたいですね。

This entry was posted in 食事, 生活習慣, その他. Bookmark the permalink.