膝痛を防止するあっぷる体操

illust3338

テレビの番組で膝痛を防止する体操が紹介されていましたのでここでも紹介したいと思います。

紹介するのは青森県において自治体をあげて取り組んでいる”あっぷる体操”というものです。もともとNHK青森さんが開発された体操らしいのですが、今では県内の多くの方に知られるようになっています。

この体操は必ずしも膝痛のみを対象にしたものではないのですが、膝痛を予防する膝周りの筋肉を強化する運動を含んでいるのです。

膝の痛みといっても様々な原因がありますが、今回対象となるのは加齢による筋力低下による変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は軟骨がすりへり膝の骨が直接ぶつかりあってしまうことで発症する痛みなのですが、これは膝周りの筋力の低下が一因です。膝周りの筋肉は伸び縮みすることで膝へのショックを緩和する一種のショックアブゾーバーの働きをしています。

しかしここが加齢などで硬くなってくるとそのショック吸収の能力も低下して、膝下軟骨に負荷がかかり、結果軟骨の減少によって骨と骨との摩擦痛がでてくるというわけです。

したがって大事なのは膝周りの筋肉の筋力と柔軟性をいかにして確保するかが大事になってきます。このあっぷる体操は膝に無理な負荷を与えずに、膝下周りの筋肉強化になる動きを多く含んでいます。

NHK青森放送局のサイトで紹介されている動画を”こちら”にリンクしますので、クリックして参考にしてください。また振り付けを記した用紙もありますのでこちらも参考にしてください。

This entry was posted in 運動, 生活習慣, 筋力トレーニング. Bookmark the permalink.