高齢者が気をつけたい冬のお風呂の入り方

297788546666668053

寒い季節になりました。こういう季節はゆっくりと湯船にはいってリラックスしたいものです。と同時に、残念ながら毎年湯船でおぼれたり意識を失ってしまうという高齢者の事故も多くなっています。

ではどのようなつかり方が一番健康にとってよいのでしょうか。ポイントは湯船の温度とつかる時間の関係です。

高い温度を好まれる方もおられると思います。温度が高いと脳から快適物質がでて、ちょっとした高揚感多幸感を与えてくれるのです。そのためちょっと熱い温度に慣れると、さらなる熱さを求めるようになってしまい行き過ぎることもでてきます。

大体42度を越える温度は危険だといいます。これは血栓ができやすくなるからです。血栓ができると、脳の血流循環機能が下がっているお年寄りの方には、脳梗塞や脳卒中を起こす原因となります。

多少ぬるめのお湯であっても、比較的長い時間湯船につかることで身体の芯は十分に温まります。熱いお湯に短く入るよりは、すこしぬるめのお湯に長くつかるほうが、身体への負担は少なめなのです。

とはいえつかる時間が長ければよいというものでもありません。あまり長いと身体の毛細血管の隅々まで血流が増加していきわたり、その分脳への血流が少なくなります。こうなると先ほど述べたとおり、脳の血流循環機能が下がっているお年寄りの方には脳梗塞のリスクが増してしまうのです。

ご家庭で湯船につかられる際、どうしても一番風呂をしたくなりますが、これもよくありません。一番風呂はまだ浴室内や脱衣所が温まっていないため、どうしても湯船につかる前と後とで寒暖さが激しくなります。いきなり高い温度の湯船につかると、血流が急激に増えて血管に隠れていた微細な血栓が脳でつまるリスクが高くなってしまいます。

というわけでせっかくの湯船をリラックスして疲れを癒すためにも、幾つかのポイント押さえて入っていただきたいものです。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.