脂肪肝にご注意

terrinedefoisgras

脂肪肝というのは肝臓に脂肪がたまった状態をいいます。肝臓内の細胞の30%が脂肪細胞が占める状態が脂肪肝です。いわゆるフォアグラがそれにあたります。

脂肪肝にはアルコール型と非アルコール型の2種類があります。アルコール型は1日ビール瓶2本以上飲まれる方は要注意です。最近は後者のアルコールによらない生活習慣の乱れからくる脂肪肝が増加しています。

以前は脂肪肝が進行して肝硬変や肝がんになるのはアルコール型のみだと考えられいましたが、現在は非アルコール型でもそうなることがわかってきています。

脂肪肝は自覚症状が少ないのが難点なのですが、身体が重くだるく感じられ、慢性的な疲労感が感じられます。最近体重が増えて、特に病気でもないのにだるいと感じられたなら脂肪肝も疑ってみてください。

脂肪肝は身体的症状のみならず精神的にも影響があります。感情の起伏が激しくなり、イライラすることが多くなってしまうのです。

脂肪肝予防は運動よりまず食生活の見直しが大切です。カロリーを抑え、栄養分も炭水化物や砂糖などの糖質に偏っていないか確認しましょう。食事後すぐに睡眠をとることもよくありません。食事後の睡眠は脂肪を肝臓にためやすくしてしまうからです。

脂肪肝は先ほどもいいましたとおり、自覚症状が少ないのがやっかいなのですが、体重を落とせばすぐに正常に戻ることも事実です。ですのでなによりもまず体重を元に戻すことが必要です。

またコーヒーを飲むのも効果的です。研究によればコーヒーは脂肪肝の発症を抑制していることが確認されています。

脂肪肝かどうかはお医者さんで血液検査をすることで確認できます。最近疲れやすくだるい、体重が増えたと感じたなら、お医者さんで検査してもらいましょう。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.