グルテンフリーとは?

1383408194072991100

グルテンフリーというと最近ハリウッド女優やセレブたちの間で流行っているダイエット方法の一つです。日本にも上陸の兆しがあります。

グルテンとは英語で”gluten”と書き、麦類の胚乳からとられた植物性たんぱく質のことです。

グルテンは植物性たんぱく質なので、それ自体別に健康に害があるわけでもなく、肥満の原因でもありません。ただしグルテンが使用されているような食品には、ラーメン、パン、パスタ、ピザ、ケーキ、うどんなどがあり、それらは油分や砂糖や生クリーム、マーガリンなどが多く使われていますので、どうしてもカロリーが高くなってしまいます。そのためグルテンフリーという形でグルテンの入った食品を避けようとするダイエット法のことです。

おそらく感覚的に近いのは日本の炭水化物抜きダイエットでしょう。炭水化物ダイエット、またの名を糖質ダイエットといいます。糖質ダイエットはもともと糖尿病患者さん用の食事が一般向けに応用されたものですが、グルテンフリーももともとは小麦アレルギーの方の食事法でした。

糖質ダイエットとグルテンフリーの共通点は、どちらも血糖値の上昇を避けるための食事法だということです。グルテンにはアミロペクチンというグルコースの一種が含まれており、これが血糖値を上昇させます。米やパンの持ち持ちとした粘り気はこの成分から来ています。

肥満気味の方はどうしても炭水化物やグルテンなど糖質偏重の食事になっています。炭水化物やグルテンは一切取らないという極端なダイエット法でなければ、普段少し意識しながら摂取量を見直してみることをお勧めします。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.