サルコペニア肥満に注意

E885B0E7979B1

サルコペニア肥満という言葉をご存知でしょうか。これは最近医療界でも注目され始めた比較的新しいタイプの肥満です。

サルコペニアとは加齢による筋肉の減少を意味し、それとともに脂肪が増えるという筋肉減少脂肪増加型の肥満をサルコペニア肥満と呼びます。つまり筋肉/脂肪比率が脂肪のほうに高くなっている肥満のことです。

一見やせている方でもこの比率が基準値以下だとサルコペニアとなります。筋肉の体重に占める割合が男性で27.3%、女性で22.0%以下の場合、サルコペニアと判断されます。これに肥満(BMIが25以上)が加わるとサルコペニア肥満となります。

サルコペニア肥満の特徴は中高年に多いことです。若い人でもサルコペニア肥満の人もいますが、これは30代を過ぎると筋肉量の低下が始まるからです。たとえば40代になりますと4人に1人はサルコペニアもしくはその予備軍だといわれています。

サルコペニア肥満が注目されてるのは普通の肥満よりも高血圧、糖尿、脳卒中などの生活習慣病の発症リスクが飛躍的に増加するからです。たとえば高血圧の発症リスクは男性の場合、正常の人と比較して1.7倍、女性の場合は2.3倍にもなります。

対処法はもちろん運動と食事です。有酸素運動であるウオーキングと無酸素運動である筋トレを組み合わせて脂肪を減らしながら筋肉量を増やしましょう。サルコペニア肥満が筋力の低下と脂肪の増加であるならば、その対処法も筋力の増強と脂肪の減少という組み合わせになります。

毎日のちょっとした努力の積み重ねがサルコペニア肥満を予防します。

This entry was posted in 運動, 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.