悪酔いしないための幾つかの工夫

ted2

お酒を飲むと気分が悪くなり、はいてしまうという方もいると思います。もともと日本人は体質的にアルコールに弱い人が多く、飲めないことは決して恥でもなんでもないのですが、付き合い酒で飲まずにはいられないときもあると思います。

日本人の半数近くは飲めない体質でいわゆる下戸です。日本人のようなモンゴロイド系にのみみられる体質です。その意味では飲めない体質というのは世界的にも貴重なのです。

飲めない人というのはアルコールの毒性を分解する能力に乏しく、この場合いくら飲む訓練をしてもその能力が成長することはありません。したがって飲めない人は飲んではいけませんし、すこしは飲めるという人も悪酔いしない工夫が必要です。

まずすきっ腹にいきなりアルコールを入れてはいけません。飲酒する前にごはんなどを食べて、アルコールが胃や小腸で吸収されにくい環境をつくってあげましょう。また飲みやすいアルコール飲料、たとえばチューハイやハイボールやカクテルなどもどんどん飲んでしまうのですが、これはアルコールが急速に身体に回り、悪酔いの原因になります。

そして色んな種類のお酒を飲む、いわゆるチャンポンをしないということです。味が変わるのでどんどん飲んでしまいますし、胃の吸収もよくなってしまってアルコールが身体に回ってしまいます。

理想は飲む量=限界を自分なりに把握しておいて、その量の範囲内で最初から最後までゆっくりちびちびと少しずつ飲むことです。これなら身体もアルコールに慣れますし、アルコールの血中濃度がいきなり高くなって急性アルコール中毒にもなりません。

アルコールを受け付けない人が無理して飲むと肝臓に大きな負担をかけてしまいますし、また食道がんなどの発症リスクを高めてしまいます。お酒はあくまでご飯のお供として飲み、楽しい場にしたいですね。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.