30代で新しいスポーツ習慣を

8802052

10代は学校の部活動でいやでもスポーツをしますし、20代はまだ体力がありあまっている年代ですのでその継続でやっていけます。しかし30代になるとがくんと体力が落ち、体重も増えて、生活習慣病の気が近づいてきます。

30代で新しいスポーツにチャレンジすることには意味があります。この年代で身体を動かす習慣を身につければ、年を経てもずっとやり続けられますし、まだ身体を全力で動かすことのできる時ですので、身体がいつまでたっても動作を憶えていられます。

どうしてもこれ以上の年代になると、新しく始めたことが上級者レベルまで昇華させることができにくくなります。スポーツのおもしろさはやはり上のレベルになればなるほどその奥深さから面白さが出てきます。また仮に年齢から体力の衰えを感じたとしても、そのスポーツが要求する動作を身体の奥深いレベルで覚えていれば、そのときの体力にあった負荷に微調整できます。

たとえていえば、パラグライダーで滑降するのに、より高い位置から滑空すれば、できるだけ長い時間きれいな風景を楽しめ、下に降りていっても微調整しながらゆっくりと余裕を持って風景を楽しめるようなものでしょうか。

これが上の年代になってくると、一旦落ちた体力をブーストするのに大変な労力を必要としますし、はじめるスポーツが要求する動作を身体の奥深いレベルで憶えさせるのに時間がかかってしまいます。またその過程で故障したりして、せっかくのやるきもなくなってしまい、やめてしまうようなこともあるでしょう。

お勧めは家からすぐにスタートでき、かなり日常的に気軽にでき、成長が日々実感できるスポーツ、もしくはすこし毛並みの変わった学校では体験できないようなスポーツがいいと思います。前者はジョギング、サイクリング、筋トレなどがあります。後者はボルダリング、ボクササイズ、マウンテンバイク、スカッシュなどでしょうか。

ある種のスポーツには少々お金がかかってしまうかもしれませんが、その分払った分を取り返そうとしてかんばるモチベーションにもなります。忙しい30代で一度自分の運動習慣を考え直して、体力の維持を図ってほしいですね。

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.