エナジージェルの成分比較

 ウイダーinゼリー エネルギーピットインエネルギージェルカロリーメイト ゼリーパワーバージェルアミノバイタル パーフェクト
ダウンロード (13)
エネルギー(1袋当たり)180kcal170kcal200Kcal 120kcal180kcal
たんぱく質7.6g05.0g
脂質004.4g 00g
糖質32.5g
食物繊維2g
ナトリウム43mg60mg30mg 200mg15.0mg
ナイアシン1.0~1.9mg5.5mg5.5mg 3.8mg
カルシウム200mg
マグネシウム50mg
カリウム23.5mg60mg
葉酸20~80μg100μg
パントテン酸0.46~2.1mg2.8mg
炭水化物45g42.8g 4.7g30.0g41g
ビタミンA45~120μg225μg
ビタミンB10.09~0.22mg0.50mg0.5mg
ビタミンB20.11~0.21mg0.6mg
ビタミンB60.10~0.20mg0.50mg0.5mg
ビタミンB120.20~0.67μg1μg
ビタミンC80~190mg40mg
ビタミンD0.42~1.7μg2.5μg
ビタミンE0.74~1.2mg4mg
クエン酸1100mg410mg(梅干味)
アミノ酸5.0g
リン218mg

エナジージェルには何種類もの製品があるので、すこし迷いますね。そこで内容成分の比較を行ってみました。主要な商品であるウイダー、サバスのピットイン、大塚製薬のカロリーメイト、味の素のアミノバイタル、そしてすこしマイナーなパワージェルについて、それぞれ一袋当たりの栄養分を比較してみます。

まず一番大事なのはカロリー量でしょう。それぞれのカロリーは一袋当たり大体180kcal程度ですが、一番多いのがカロリーメイトの200kcalで、最小なのがパワージェルの120kcalになります。

次に即効性のエネルギーになる炭水化物ですが、一番少ないのはカロリーメイトの4.7gですが、その分糖質の項目が32.5gも含まれています。他の商品の数値が不明なので比較は難しいのですが、その意味では十分に糖質も含まれていえると思います。

運動をすると汗をかき、塩分を含むミネラル分が抜けてしまいます。それを補うのがナトリウムですが、パワージェルが200mgと突出して多い数値になっています。アミノバイタルが一番少ないのですが、その分同じミネラル類であるアミノ酸で補っていると思われます。

またクエン酸やアミノ酸が含まれているピットイン、パワージェル、アミノバイタルは筋肉の疲労回復を狙ったものです。筋トレなど無酸素運動を主体とした場合には、これらの商品は効果的だと思います。カロリーメイトもたんぱく質を多く含んでいるので同様の効果があります。

どれがお勧めかというと、やはり数値の公表項目の多いカロリーメイトかウイダーになるかと思います。カロリーメイトはウイダーと比較してもカロリーが高く、内容の成分量も比較して多いので、もし一袋だけを消費するとするなら、数値上はカロリーメイトがお勧めになるかもしれません。

目的別だと筋トレなど筋肉を酷使するタイプの運動をした場合にはアミノバイタルが、ランニングやサイクリングなど有酸素運動系にはウイダーやカロリーメイトが向いていると思います。

味の好みや吸収力、価格にもよりますので、自分に合った商品を選んでほしいと思います。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.