サイクリングに役立つ自転車NAVITIME

ダウンロード

だいぶ過ごしやすい季節がやってきました。食欲の秋、運動の秋です。ハイキングやサイクリング、ジョギングなど新しい趣味を始める季節でもあります。

すこし遠出をしたり、輪行したりして新しい道をサイクリングをしていると、道に迷うことが多々あります。そんなときに便利なのが道案内アプリですが、どれも基本的には歩いての街散策や待ち合わせ場所案内用のものが多くて、自転車に乗りながらカーナビのように音声案内をしてくれるアプリはありませんでした。そこで出てきたのが、この”自転車NAVITIME”です。

自転車に乗っている最中にスマートフォンの小さな画面をみて道を確認するのは危険ですし、難しいことなので、やはり音声案内が大事になってきます。このアプリの音声案内は、スマートフォンの音量をマックスにすれば、騒音がそこそこ激しい道路においても聞き取るのは難しくなく、運転に集中しながらルート選択ができます。ルートが分岐したり、右折左折する手前300メートル、100メートルと事前にお知らせしてくれますので、時速30キロ以上ださなければ十分に対応できる仕様になっています。

ルート案内も、最短ルート、大通り優先ルート、坂道の少ないルート、坂道の多いルート、裏道ルート、サイクリングロードルートなどしっかり揃って推薦してくれますので便利です。道を間違ってもすぐにリロード設定をしてくれるので安心です。価格も400円ですし、今は割引で半額になっています。この機会にこのアプリと一緒に、見知らぬ街や道をサイクリングしてみてはいかがでしょうか。

最後に輪行ですが、この電車内に自転車を”荷物”として持ち込むことについては昔は持ち込み禁止だったり別料金をとられることも多かったのですが、サイクリング協会とJR側が話し合って、エチケットを守ることを前提にJRが袋をかぶせるなら乗せても良いことになったという経緯があります。最近は輪行袋でも前輪だけをはずすものがメジャーになってきましたが、基本は後輪もはずして袋に入れるのが正しいそうです。またサドルが袋から顔を出しているのもだめだそうです。是非エチケットを守って、輪行が他の乗客の迷惑にならないよう、サイクリングを楽しんでほしいですね。

This entry was posted in 運動, 生活習慣, その他. Bookmark the permalink.