サイクリング along 四万十川

IMG_0716

前回につづいて四国のサイクリングロードを紹介します。

四国にはいくつもの人気のサイクリングロードがあるのですが、その中でも一般のサイクリストにとって人気があるのはしまなみ海道とこの四万十川ライドです。四万十川ライドには”ドラゴンライド”という愛称があり、その名のとおり四万十川のうねうねとした河川の流れに沿ったサイクリングロードが設定されています。

最長は300キロという超長距離のロードですが、一般サイクリストで景色と川を楽しみながら下る40キロのコースも設定されています。今回はこの一般者向けのロードを下ってみました。出発点は日本一暑い気温を記録した江川崎駅です。ここから四万十市の中村駅まで下るコースです。

IMG_0711 IMG_0712

幾つかトンネルを通り抜けなくてはならないのですが、サイクリストたちに配慮された幅の広い自転車道が併設されていますので、安心して通り抜けられます。

IMG_0720

四万十川はうすいグリーンがかかった白い川面をしていて、とても神秘的でした。おそらく台風によって河川敷の石や砂が流されて白濁色になっていたのでしょう。本来はもっと澄んだ色だそうです。カヌーを楽しんでいる子供たちをみました。夏の林間合宿のようなもので遊びに来ていたのではないでしょうか。

IMG_0717 IMG_0736

四万十川というと有名なのは洪水時や増水時には水中にもぶってしまう沈下橋ですよね。沈下橋にはしたがって欄干などはついていません。このときの四万十川くだりは台風直後でしたので、増水がはなはだしく、川幅も広くなっていました。残念ながら40幾つかある沈下橋のうちの2~3本が流されてしまったそうです。

沈下橋というと子供たちが楽しく飛び込みをしていました。真っ黒に日に焼けている元気な子供の姿はこちらも元気をもらいます。ただこのときは警察の方が来て、ライフジャケットの着用がなければ飛び込み禁止を呼びかけていました。

IMG_0729 IMG_0723 IMG_0738

この日は台風直後だったので、道はお世辞にもきれいとは言えず、枝葉が散乱しているところもありました。また他のサイクリングをしてる人もほとんどいませんでした。おそらく暑すぎるのと、台風の影響だったと思いますが、列車には他にもサイクリストの方もおられたので、サイクリングを趣味としている人はもう少し長い距離を走るコースを選んでいると思います。

四国にはしまなみ海道やこの四万十川の他、吉野川沿いのサイクリングコースもありますし、何よりも自然豊かで暖かい気候の場所ですから、是非秋のもっと涼しい季節にサイクリングなどに訪れてほしいと思います。

This entry was posted in 運動, その他. Bookmark the permalink.