台湾 ”素食” について

294618-1372733292738

台湾料理というと、中華料理に大きく影響を受けながら、独自の料理文化を育んだ豊かな食文化のひとつだといわれています。中華料理というと、油を使った少し胃が重くなる料理のように思えますが、最近の台湾は健康志向の高まりを受けて、ベジタリアンが人口の10%超といわれるほど、野菜を中心とした食が尊ばれきています。

そのひとつが”素食”と呼ばれる台湾版精進料理です。

お肉を使わず、卵、乳酸品、動物性の油を一切使わないで、日本の精進料理と同じく、いわゆる”もどき料理”を駆使して、食べる人を喜ばしてくれます。

食材の中心はやはり植物性たんぱく質が取れる大豆であり豆腐ですが、豆腐を干して押し固めたものである「豆干」もしくは「豆乾」と呼ばれるものが使われます。豆腐は柔らかく保存が難しいため、台湾ではより長期間保存でき、携帯食に優れた豆干の開発が進みました。しっかりした歯ごたえがあり、特製のタレにつけこんでるので独特の味がします。

日本人の好む刺身を魚を使わないで模したり、デザートなども乳製品を使わないでケーキを模したものがでます。このように各国の料理のもどきをうまく作って、貪欲に取り込んで独自の食文化として発展しているのが、台湾の素食なのです。

台湾では素食は高級なものから庶民的なものまで様々なものがありますが、特にビュッフェ方式で提供されることが多いそうです。大阪でもニューオオサカホテル内のレストランで食べられるそうです。また、大阪で食べられる精進料理といえば、阿倍野にある阪口楼の普茶料理も有名です。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.