カット野菜について

51PUZ93iEhL._SX500_CR-6,232,900,500_

最近コンビニやスーパーでも「カット野菜」と呼ばれる、あらかじめ適当にカットされて食べやすくされた新鮮な野菜の袋物があります。単身者にも簡単に調理できて重宝されている方も多いと思います。最近は「肉入り野菜」なんてのもでてきて、本当に便利ですよね。

カット野菜については”次亜塩素酸ナトリウム”を使って洗浄しているので健康に対して危険ではないかという話もありますが、相当程度希薄化されているので、人間では不可能なほど大量に摂取しなければ健康リスクを生じさせることはございませんので、安心してください。

ただし、カット野菜にはデメリットも当然存在します。それは何度も水洗いしているので、本来野菜に含まれている栄養素の多くが一緒に洗い流されてしまっていることです。メーカーのほうではデータを公表していないので、どれぐらいなのかは判明しないのですが、結構な量ではないかと思います。

というわけであくまで栄養素的にはカット野菜は補助的なものだと考えて摂取しましょう。ビタミンなどは量が減ってしまっていても、食物繊維はしっかり取れますので、その点は大丈夫です。

カット野菜のよさはその手軽さ、調理のしやすさにあります。そのメリットと栄養学的なデメリットを意識しながら選択してほしいですね。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.