腰痛にはサイクリングが効果的

30da1e99fbaeaf0a94dc02fe664e65e85458180f1381167442

腰痛の8割は原因が不明だといいます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など神経にかかわる腰痛以外のものは、筋肉や骨盤など身体のずれから生じるものが多いのですが、それらはレントゲンなどには写りません。これが治療を難しくしています。

身体のゆがみといっても様々な要因があります。ひとつは仙骨のゆがみからくる腰痛です。仙骨は目立ちませんが、名前のとおり「仙人の骨」と呼ばれ、身体の中心をつかさどる骨盤を安定させる大切な骨のことです。仙骨の上には背骨があり、頭と両腕をあわせて身体の半分の体重を支えているのです。年齢にしたがって代謝が落ち、腰周りに肉がついてきますと、仙骨のゆがみを生じさせます。これが腰痛の原因のひとつになっているのではないかという説があります。

fdh74y

同様に仙骨に関連するのですが、腰痛は仙骨と骨盤をつなぐ関節である仙腸関節の機能障害によるものだという指摘があります。これはAKA-博田法と呼ばれるもの中で唱えられているのですが、腰痛の原因を関節の機能障害に求めるものです。仙腸関節はほとんど動かないのですが、それがため一旦少しずれてしまうとそれが固定化され機能障害おこし、それが骨盤のゆがみを生じさせて、腰痛の原因となるという説です。博田法はそのゆがみを施術者が直してあげる事で腰痛を取り除くという方法です。医学的には必ずしも明確に解明されているわけではありませんが、多くの治療実績があることで知られています。

そういう骨盤のずれを解消することで腰痛を除去するもう少し手軽で、費用のかからない方法としてサイクリングがあります。なぜサイクリングが効果的なのでしょうか、それはペダリングにあります。ペダリングは身体の中心である仙骨部分を支点として、両脚を回転させることにより、ペダルを踏んで回転させることによって自転車を前に推進させる運動ですが、これが腰から下の部分の左右のずれを修正してくれている可能性があるのです。両脚の規則的な回転運動によって、支点である仙骨のゆがみを矯正するということです。

博田法などはそれを他人の手を使って体の外から矯正してる方法ですが、施術者の技能に左右されますし、また一旦は骨のゆがみを矯正できても、日常生活を送っているうちに数ヶ月で元に戻ってしまいますので、ずっと治療に通わなければなりません。

もちろんそのほかにもペダリングによって下半身の体幹が鍛えられたことによる神経圧迫の解消や、運動による鎮痛ホルモンの分泌による炎症抑制作用も考えられます。アメリカでは腰痛対策にはまず運動というのがコンセンサスになっています。原因不明の慢性的な腰痛に苦しまれていて、なにをやっても痛みが解消しないとお困りの方は思い切って自転車、できればクロスバイクなどのスポーツ自転車に乗ってみて、痛みが解消するかどうか試されてみてはいかがでしょうか。

はじめのうちは、サイクリング用の筋肉がついていないため身体の節々が痛むかもしれませんが、乗っているうちにそれが解消され、腰痛が消えていく場合もあるでしょう。この方法は体力がある若い方に特にお勧めしたいと思います。

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.