枕の選び方

2wayhontaihc_1208

人間は平均して1日8時間の睡眠を必要とします。ですので1日の3分の1はベットの上にあり、頭を枕の上に載せていることになります。

枕選びは究極的には個人の感触や好みのよりますので、はまってしまうとなかなか抜け出せなくなりますが、選び方の基準は存在します。

まず一番大事なのは枕の「高さ」です。ベットで横向きにならないと寝られない方は、枕の高さが高すぎないかチェックしてみてください。高すぎると仰向けに寝るのが苦痛に感じます。朝起きると枕から頭が離れてしまっているのは、無意識に枕の高さを嫌がっている可能性があります。

低すぎるのも問題です。枕と頭の間に腕を入れたりしないと寝られないのは、枕の高さが低すぎる可能性があります。枕が低いと心臓の方が頭よりも上に来ますので、頭に血流が集中してむくみの原因になります。太っている人は頭も重いので、やせている人よりも枕に頭が沈みます。ですので太っている方は高めの枕を用意した方がよいでしょう。

そして「形状」です。枕の形状についてはほとんど好みの問題でもありますので、色々寝てみて自分好みの形状を探してほしいですね。波状(ウェーブ)の枕は、高さのある方が手前になります。これは首の形状がCの形に湾曲しているのですが、そこにぴったりとフィットさせるためです。

また「素材」も大事です。ポリエステルなどの綿素材は柔らかい感触を与えてくれます。小柄な人や女性の方は、この種のやわらかめの枕が沈み込んでも支えられますので良いのではないでしょうか。逆に頭が大きく重い人は、少し硬めのそばがらやビーズを使った枕が向いているのではないでしょうか。

最後に「大きさ」です。寝返りは体が同じところを下にしないようにする無意識の行為です。ですのでどちらの側に寝返りしてもよいように、頭の大きさの大体3倍ぐらいの長さの、横に長い枕を選びましょう。

枕の寿命は案外短いものです。せっかく自分に合った枕を見つけても、数か月でへたってしまい合わなくなることもあります。枕は消費財と考えて、自分に合わないなと思ったら、どんどん新しいものに代えていくのも大事かもしれません。

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.