緑茶のガン抑制効果

wahuu004

静岡というとお茶の生産量で知られていますが、その静岡県の発がん率は全国平均でみても低いことが知られています。胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がんのいずれの発生率も全国トップクラスに低い値となっています。

緑茶には発がん作用を抑えるといわれている、茶ポリフェノールである茶カテキン(エピガロカテキンガレートなど)を含んでおり、これが大きく貢献しているのではないかと考えられています。

これはカテキンには抗酸化作用があるからです。活性酵素は人間が生きていくなかで必ず発生する酵素であり、酵素反応を促進させてくれたり、強力な殺菌作用を持っています。しかし、その強すぎる殺菌作用のせいで正常な細胞が攻撃されて、がん化を引き起こしてしまうという副作用も持っています。その副作用をカテキンは抑えてくれるのです。また緑茶が胃がん防止に効果的なのは、カテキンに胃の粘膜を保護してくれる効果があるからとされています。

活性酵素は様々な理由で体内で発生します。大気汚染、紫外線、ストレス、喫煙、食品添加物の増加などがそうです。このような生活習慣を改善して、緑茶を良く飲むことで、活性酵素の過剰な働きを抑えたいですね。

緑茶にはこのほかにも、虫歯を予防してくれるフッ素、ストレスを低減してくれるビタミン、眠気覚ましのカフェインなどが含まれていて、古来から万能薬としても知られていました。これから暑い夏が来ますので、できれば熱い緑茶を飲む習慣を身につけて、体質改善につなげてほしいと思います。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.