ダイエット中は虫歯が増える?

MUSHIBA

虫歯の発生は唾液の分泌と深く関係しています。食べ物を摂取すると歯に炭水化物などが付着して、歯が酸化してカルシウムが溶け出します。その溶け出したカルシウムを狙って虫歯菌が活動し始め、虫歯になってしまうのです。

唾液にはカルシウムが含まれており、食品を摂取して酸化した歯の再石灰化を促して修復を図ります。ですから唾液というのは虫歯の一番の特効薬なのです。

昔の人は今みたいに頻繁に歯磨きをしていなかったでしょうし、便利な歯ブラシや歯磨き粉も持っていませんでしたが、その分よく噛みました。食料もいまよりずっと硬かったので噛まずにいられなかったのです。そのため唾液をよく分泌しました。

ダイエットをすると唾液の分泌量は少なくなります。これは単純に食事の頻度と咀嚼の回数が減るからです。

ではどのようにすれば虫歯予防ができるかというと、まず咀嚼の回数を増やすこと、梅干など酸味のある食品を食べること、キシリトール入りのガムを噛むこと、水分を多く取ることなどになります。

キシリトールとは天然の甘味料でガムなどに利用されています。キシリトールには再石灰化の効能があるとされていますが、これについては反論もあります。キシリトールはほかの甘味料に比べてカロリーが低いため、糖尿病予防の効果があるとされています。また骨粗鬆症にも効果があるとされています。

年齢を経るにしたがって唾液の分泌量はどうしても減っていきます。是非虫歯予防を考えて毎食の歯磨きとともに、咀嚼の回数に注意してほしいですね。

This entry was posted in 生活習慣, 骨粗しょう症, ダイエット. Bookmark the permalink.