ツアーオブジャパン堺ステージ

写真 (10)

18日の日曜日のサイクリングロードレース、ツアーオブジャパンの堺ステージが行われました。幸運にも五月晴れの天気に恵まれて、熱いレースが展開されました。スタート地点は仁徳天皇陵の正門前です。普段は物静かな公園なのですが、今日に限ってはレーシングスポーツの華やかさが勝っていました。

写真 (13)

みなさん日ごろ鍛えられた身体能力をフルに発揮してレースを盛り上げていました。午前中は実業団を中心とした集団レース、午後は個人主体のタイムトライアルレースでした。集団レースはやはり大迫力で、転倒する選手も何人かいました。またタイムトライアルはトップ選手では平均45キロ以上を出していました。すごいですね。

写真 (9)

観客も大仙公園をぐるりと隙間なく埋めていて、かなりの人数が集まっていました。若い子供たちが少しでもサイクリングスポーツに興味をもってくれたらいいと思います。まだまだサッカーや野球などのメジャースポーツと比較にならないぐらい認知度が低いですね。

最近は例えばイギリスではサッカーをしのぐ人気をサイクリングスポーツは得ています。これには自国のサッカー選手があまり世界的に活躍できていないことと、それとは対照的にサイクリングではツールドフランスを制したウィギンス選手や、スプリンターで有名なカベンディッシュなどが世界で活躍されているからでしょう。日本にも新城選手などがいますが、テニスのにしこり選手級の選手が出てきてほしいですね。

写真 (15)

このツアーオブジャパンには、現在世界で一番速いといわれるフルーム選手なども参加していたことのある世界へとつながる登竜門的なレースです。是非、日本での自転車発祥の地であるこの堺から、若い世代の名選手が生まれることを期待しています。

This entry was posted in その他, . Bookmark the permalink.