酵素ジュースについて

kouso

最近、酵素ジュースというのが女性の美容として注目されています。酵素というのは、生体内でおこる化学反応を促進させる触媒の働きをするたんぱく質で構成された分子のことです。酵素にはたくさんの種類があります。ペプシン、トリプシンなどはたんぱく質の分解を助ける酵素です。リパーゼは中性脂肪を分解してくれます。パパインは食べ物を分解してくれる酵素です。

最近は研究が進んで、例えば発酵食品なども生物を利用せずに、酵素を直接作用させて作りだすというようなことも行われています。

ただ酵素ジュースのように酵素自体を経口摂取した場合、はたして体内において酵素そのものの働きが期待できるのかというと慎重な検証が必要です。酵素ははじめに申し上げました通りたんぱく質で構成されているので、胃の中にはいると他の食品と同じく分解されアミノ酸になってしまいます。ですので、その分解された酵素=アミノ酸が触媒の働きができるのかというと、研究では確認されていないのです。

酵素を体内で機能させてダイエット効果を期待しようとするなら、酵素を体内で発生させるような食品を摂取するのが一番よいのです。まず油っこいもの、胃に負担がかかるものはよくないです。また納豆やヨーグルトや味噌などの発酵食品は胃腸にいいので積極的に摂取しましょう。

というわけで、酵素ジュースには酵素原液と呼ばれるものを加えるのですが、加えないでもそのまま野菜ジュースや発酵ジュースを摂取するだけで十分に効果があると思います。これからは序序に暑くなってきますので、グリーンスムージーなどを作って食欲がない日でも朝食などに取り入れましょう。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.