5月からは早朝に運動を

早朝

いよいよゴールデンウィークになり、ウキウキされている方も多いと思います。この時期を過ぎると梅雨になり、あまり外で運動する機会も少なくなります。そして雨季が終われば暑い暑い夏がやってきます。

日中はすでに25℃を超す日も出てきました。5月でも熱中症と無縁というわけではありません。それまで涼しい季節を過ごしてきているので、体がまだ暑さに慣れておらずちょっとした暑さでも熱中症にかかるリスクがあります。

ですので、今一番涼しくて運動に適しているのは早朝だと思います。朝の5時ぐらいには十分に明るくなってきてます。

早朝に運動をするメリットはたくさんあります。まず交感神経が刺激されて一日の身体の代謝が活発になり効率的になります。起きてからすぐはまだ身体が寝ている状態で、交感神経よりも副交感神経のほうが優位な状態なのですが、30分ぐらいすると身体自体も起きてきます。

朝の運動については朝食を取るより前の方がいいかもしれません。胃腸自体が活動していませんし、その状態で朝食を胃に入れて運動をするのは少し負担がかかります。なのでコーヒーを一杯飲んでから運動するというのもいいかと思います。コーヒーにはカフェインが含まれており、これが交感神経を刺激して身体を覚醒させます。そのため先程言った通り、代謝がよくなりダイエット効果が持続するからです。コーヒーを飲んで運動をすることのダイエット効果は研究でも確認されています。

昔から早起きは三文の徳といいます。何よりも朝に運動をすると気持ちいいです。明け方の景色もすがすがしくて空気もきれいですから、早朝トレーニングをはじめてみましょう。

This entry was posted in 運動, 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.