にんにくの効用

ninniku

にんにくというと昔から滋養剤として親しまれてきました。

あの強烈な匂いが苦手という方もたくさんおられるでしょう。特に女性にとっては大敵ですね。とはいえあの匂いの元のアリシンという硫化アリルの一種こそが、滋養強壮の源になっているのです。

このアリシンにはさまざまな健康によい効果を持っています。アリシンは強い抗酸化作用を持っており、このため血栓の発生の防止や、がんを予防する働きがあります。またアリシンには強い殺菌作用があり、胃がんの原因にもなるピロリ菌や、カゼや気管支炎の原因にもなる連鎖球菌などを殺菌する効果があります。

またビタミンB1の吸収を助けてくれます。ビタミンB1は肉体疲労を緩和し、関節痛や筋肉痛を除去したり、便秘や眼精疲労に効果的だといわれています。ただビタミンB1は体内に蓄積させることが難しく、水溶性なのでほうれん草や豚肉に含まれているのですが、料理の過程で洗い流されてしまいます。ですのでにんにくと一緒にいためて召し上がるのは合理的なのです。

にんにくの匂いを消すには食べあわせが肝心です。よく言われるのは牛乳ですね。この他、りんご、みそ汁や、緑茶、コーヒーなどの飲み物、お酢などが有効なようです。

ただしにんにくを取りすぎると、胃の内面が荒れてきたり、血圧の上昇や肝臓障害を引き起こす可能性があります。なんでもそうですが、取りすぎは逆に健康によくありませんので、適量を摂取してくださいね。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.