激しい運動の直後は食欲が減るのはなぜ?

ranner-

激しい運動した直後はあまり食欲がわかないという経験をされた方は多いのではないでしょうか。

理由のひとつは、運動をすることで副腎からアドレナリンやノルアドレナリンというストレス・ホルモンが分泌されるため、血糖値が高まるとともに筋肉が緊張し、体が臨戦態勢になるためです。

体が臨戦態勢になるというのは、体が余分なエネルギーを使わないよう胃腸の働きをセーブするということです。これから”狩だ!”というときに空腹感を感じながらでは戦はできぬというわけです。

またこのホルモンは、脂肪を分解して脂肪酸に変えてエネルギーにしてくれます。このとき血糖値もあがるため、空腹感を感じることはありません。

またグレリンという消化管から分泌されるホルモンが、運動によって抑制されることもわかってきました。このホルモンは空腹時に食欲を増進させる機能を持っています。代わりに運動によって分泌されるのがPPYとGLP-1というホルモンです。これらのホルモンはグレリンとは逆に、食欲を抑制することがわかってきました。

高校の部活動で激しい運動をすると、食欲がわかずに無理やり監督に食べさせられるという話もありますが、これは相当な運動量を使うからですね。プロになるぐらいの選手は胃腸が強くないとシーズンを乗り切れずやせていってしまいます。

というわけで、このメカニズムをダイエットに応用したいですね。食後に運動をする方も多いでしょうが、ダイエット目的なら、たとえば夕食前に運動をやってみるというのもいいかもしれません。少しはげしい運動をしてみて食欲を抑制しとけば、夕食の量も減らすことができます。

以前紹介したタレントの武井壮さんも、「食欲がわいたらとりあえず走る!」といっていましたが、おそらくその言葉の裏にはこのようなホルモンバランスの影響を感じ取っているからだと思います。

もちろん血糖値の上がりが少ないと逆に食欲がわいてしまうリスクもあります。ですので心拍数のデータを取ることで、心拍数についてデータを取って、自分の食欲がわくかわかないかの閾値を前もって知っておくこともひとつの方法ではないかと思います。逆に言えば、この後うまいビールがのめるぞう、と思っているうちは運動量が足りないということになりますね(笑。

血糖値を直接計るのは大変ですが、最近は心拍数を簡単に図れる”ハート・レート・モニター”もたくさん販売されていますし、数値化してデータとしてみることで客観的な指標にすることができます。

This entry was posted in 運動, 食事, 生活習慣, ダイエット. Bookmark the permalink.