糖質制限ダイエットについて

onigiri

糖質制限ダイエットがはやっていますね。1日の炭水化物の摂取量を130g以下(成人男性の必要摂取量は約170g)に抑えれば、後は肉でもなんでも食べてもいいというダイエット法のことです。

空腹感をおぼえることなくダイエットが出来るということで、成功体験をもつ方が多く出ているところがおそらく他のダイエット法とちがって人気が出ている大きな理由だと思います。

もともとこのような食事療法は糖尿病患者さんのためのものでした。血糖値を低く保つために、糖質をたぶんに含む炭水化物の摂取量を抑えた食事を病院では提供していたのです。炭水化物を取りすぎると、余った炭水化物は中性脂肪となり体に蓄えられます。ですので糖質制限をすることで肥満防止、体脂肪の減少につながるというわけです。

ただしデメリットももちろんあります。まず体臭が強くなります。糖質をカットすると、それを補うように肝臓で”ケトン体”という物質を発生させます。ケトン体とは脂肪酸ならびにアミノ酸の不完全代謝産物のことですが、これが強い体臭を発生させるのです。

また糖質を極端に制限するようなダイエットだと、健康に大きなリスクを与えてしまいます。人間の脳は1日に約130gの糖をエネルギー源として消費します。また血液中の酸素を赤血球が運ぶエネルギーとして30gを消費します。ですので糖質摂取量が少ないとまず頭がボーとして働かなくなりますし、全身がだるく疲れ易くなってしまいます。頭に栄養が行かないとなると、認知症の遠因にもなります。

また糖質が不足すると、体は筋肉や骨を分解してエネルギーに代えようとします。このためひどい場合には筋力が低下して転倒しやすくなったり、骨粗鬆症を発症させます。

大事なことは糖質を過不足なく摂取することです。肥満気味なひとで、ごはんなどの炭水化物が大好きな人には、糖質制限ダイエットは意識的に過剰な糖質摂取量を下げる効果がありますのでやってもかまわないと思います。ただ肥満気味でも高齢者の方がいきなり糖質制限を始めるのは好ましくありません。先ほど述べたように過剰な糖質制限は筋力の低下を招き、寝たきりになるリスクが高いからです。

糖質過剰な人は糖質制限と同時に不足な栄養素をその分補いながら、食事制限だけではなく、運動を併用することでカロリーを消費していきたいですね。

This entry was posted in 食事, 認知症, 骨粗しょう症, ダイエット. Bookmark the permalink.