ツアーオブジャパン 5/18堺ステージのご紹介

tourJ

ロードレース(ロードバイクを使った自転車競技)というとあまりなじみのない方がほとんどだと思いますが、せっかく堺で毎年日本で一番大きなロードレースが行われているので、見逃すともったいないと思いますのでご紹介したいと思います。

そこで少し早いのですが、今年のツアーオブジャパンの5月18日に行われる堺ステージのお知らせです。ツアーオブジャパンというのは、18日の堺ステージを皮切りに、美濃・南信州・富士山・伊豆・東京の全6ステージ580キロを、約1週間で走り抜けるという日本最大のロードレースの祭典のことです。

この堺ステージは大仙公園の周り2.65kmを一周してタイムを競い合う、すこし特殊なステージです。紹介サイトはこちらですので覗いてみてくださいね。スタートしてから全速力でコースをかけぬけていきますので、初めての方でもロードバイクのスピードに圧倒されると思います。またサイクルレース特有のきらびやかな雰囲気も楽しめると思います。

堺がロードレースのスタート地点となるのは、堺が日本の自転車産業の誕生の地であるからです。江戸時代鉄砲の生産地で鉄砲鍛冶がたくさんいた堺では、明治に入ってから鉄砲から自転車をつくるよう産業の転換がおこなわれました。現在でも世界で最も大きな自転車部品企業であるシマノも1921年に堺で創業されました。大仙公園の近くにはシマノ創業者の島野家があります。

ロードバイクなど見たことがないという人も、是非一度大仙公園に足を運んでみられてはいかがでしょうか。

This entry was posted in その他, . Bookmark the permalink.