睡眠時無呼吸症候群

mukokyu

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)という言葉を聞いたことがあると思います。この症候群になるとさまざまな悪影響を健康に及ぼします。昼間に耐えがたい眠気を催したり、集中力が低下したり、夜間頻尿や喉が渇くなどの症状もでてきます。ひどい場合にはこん睡状態に陥ることもあります。

無呼吸症候群のいびきは特徴的で、一般のいびきが一定リズムで刻むのに対して、無呼吸のは、しばらく静寂のあと突然大きな音を発っします。

なぜ睡眠時に無呼吸になるのかといえば、睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が落ちて気道をふさぐためです。SAS患者の約9割がこちらが原因です。太ってきますと、喉や首まわりに脂肪がつきます。そうなると舌の付け根やいわゆるのどちんこの部分が狭窄して気道をふさいでしまうのです。

またこれには骨格の問題も関係してきます。比較的小柄な人の体重が増えますと、大柄な人では気道狭窄の可能性は低い場合でも、気道をふさいでしまいがちになります。短期間で体重が増えた方も要注意です。急激な体重増に骨格が対応できない可能性があるからです。同じ理由で顎が細い方もかかりやすい症状だといえましょう。

また横向きのときはいびきがないのに、仰向けになるといびきを発するのは要注意です。これは仰向けで寝た時に気道が狭くなっている証拠だからです。電車の中や授業中や会議中などで椅子に座った状態でもいびきをかいてしまうもよくない兆候です。

家族がおられる場合は、家人が気づいてくれる場合が多いのですが、そうではない場合は発見が遅れることが多いです。ですので、上記のような症状をお持ちの方は、お医者さんにいって検査を受けることお勧めします。またネット上に簡易なアンケート検査を実施しているサイトがありますので、トライしてみてくださいね。→こちら

This entry was posted in 生活習慣. Bookmark the permalink.