やせるホルモンglp-1とは

saba

glp-1というホルモンがあります。最近はメディアでも「やせるホルモン」として注目されています。なぜやせるホルモンかというと、glp-1にはインスリンの分泌を促進させる効果があるからです。インスリンは血中の糖をエネルギーに変換して細胞内に取り込み、血中濃度の上昇を抑え、一定に保つ働きがあります。実際にglp-1は糖尿病患者の治療に使われています。またglp-1は一般に食後から分泌され始めて満腹中枢を刺激してくれます。

ではこのホルモンglp-1を直接摂取することはできないのでしょうか。現在は糖尿病患者に支給されるお薬以外では、摂取可能なものは存在していません。ですが、glp-1は体内で作ることが可能なのです。

glp-1はいわゆる消化管で分泌されるホルモンなので、小腸などを刺激する食物を摂取するとよく分泌されます。特に青白魚に含まれるEPAがその分泌を促します。EPAはエイコサペンタエン酸の略で、DHAと並ぶ不飽和脂肪酸の一種です。サバ・イクラ・イワシ・マグロ・サンマ・ニシン・ウナギなどに多く含まれます。前回紹介したかつお節にももちろん含まれています。

また青白魚以外にも小腸に刺激を与え、glp-1を分泌させる食品と言えば、食物繊維を多く含んだものです。食物繊維は胃で吸収されにくいため、小腸までよく届くからです。食物繊維は野菜や果物などに多く含まれていますね。また整腸作用のあるヨーグルトなどもglp-1分泌に効果的だと思います。

日本人は海に囲まれた島国に住み、主に魚を主食として生活してきました。これが欧米と比較して日本人に肥満の割合が少ない大きな理由の一つです。実際日本国内でも、よくお魚を食べる地域とそうでない地域では、肥満率の割合に大きな差があるそうです。欧米化のすすむ食生活ですが、お魚中心の食生活をもう一度見直してみたいですね。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.