認知症予防にアロマの香り

Bottles of Essential Oil

アロマセラピーといえば美容の分野で 大きく活用されてきましたね。アロマと呼ばれるおもに植物からとられる芳香成分(精油)の香りによって心身をリラックスさせる効果があります。ローズマリー、レモン、ラベンダーなど、トイレの芳香剤にもよく利用されていますね。

ところが最近は医療、とくに認知症療法でも注目され始めました。

先日「みんなの家庭の医学」で放送されてましたが、アロマの香りが認知症予防に効果的だという検証がされていました。

認知症の原因としては、記憶をつかさどる脳の一部分である海馬と呼ばれる部分が劣化することで発症するのではといわれてきましたが、鳥取大学医学部の浦上克哉教授によれば、海馬の前に海馬につながる嗅神経が先にダメージを受けるそうです。

したがって嗅神経のダメージを先に抑えることこそが、認知症の症状の抑止につながるのです。

嗅神経の最大の特徴は、他の脳にかかわる神経細胞が再生しないにもかかわらず、この神経だけは例外的に再生能力を備えていることです。したがって神経細胞を刺激して新陳代謝を促すことで、いつまでもこの神経を若く保つことが出来ます。その一つの方法がアロマの香りを嗅ぐことなのです。

番組ではアロマペンダントを使用している利用者さんがでてきましたが、定期的にいつでも忘れずに匂いを嗅ぐ習慣をつけることはいいことですね。

また芳香剤のような人工的なにおいが苦手という方もおられるでしょう。日本にはお香の文化がありますので、天然香木の香りを楽しむのもお勧めです。キャンドルなどよりも短時間で比較的強い香りがでますので、時間がなくても大丈夫です。

とはいえアロマの香りについては個人個人でお好みの香りがありますし、あまり強い香りは逆に健康によくありません。色々試してみてお好みの香りを見つけてほしいですね。

This entry was posted in 生活習慣, 認知症. Bookmark the permalink.