心身をリラックスさせるお香

nioi

アロマが認知症予防に効果的という話を紹介させていただきましたので、ついでに日本のお香についても振り返ってみたいと思います。最近のアロマーブームとともに日本のお香も見直され、商品についてもより安価で手に取りやすいものが販売されています。お香にはその原料についてたくさんの種類がありますが、代表的なものについて紹介したいと思います。

まずは”沈香(じんこう)”です。ジンチョウゲ科アキラリヤ属の樹木の樹脂が、東南アジアにおいて長い年月をかけて凝結し、高貴で上品な香りの香木です。非常に希少なものでそのためお値段も非常に高額になっています。

その沈香の中でも最も品質の高いものが、”伽羅(きゃら)”です。

奈良時代に正倉院に納められた“蘭奢待(らんじゃたい)”という香木は大変有名ですよね。これも伽羅です。足利義政、織田信長、明治天皇など歴史上の著名人が一部分を切り取られたという記録が残されています。この蘭奢待という文字には“東大寺”の文字が隠れていますので探してみてください。

次に”白檀(びゃくだん)”です。幹の芯材を乾燥させて使用します。特にインドマイソール地方のものは最高品質で、「老山白檀」と称されます。インドのほかインドネシアやマレーシアなどに生息しています。現在一番ポピュラーな香木といえるでしょう。

この他、ミイラの防腐剤に使用されていた没薬(もつやく)や丁子(ちょうじ)、スパイスとして利用されていた零陵香(れいりょうこう)、大ウイ香、胃薬として利用されていた甘松(かんしょう)などがあります。

またお香の形態にもたくさんの種類があります。線香はもちろんのこと、もう少し短いスティック型、長い時間焚くことが出来る粉末状の抹香、粉末にして梅肉・蜂蜜を加え練り合わせた丸薬状の練香などです。練香は主にお茶の席などで利用されます。最近ポピュラーなのは末端が広くなったスコーン型のお香です。短時間に比較的強い香をだすことができるタイプのお香です。

アロマペンダントのように携帯性に優れた“匂い袋”というものもあります。これは点火しなくても常温で臭いを楽しめる香木がはいっている袋のことです。最近は携帯電話のストラップにしている女性も多いそうです。

ちなみに日本で初めて“線香”が作られたのは南蛮貿易で栄えた16世紀の自由商業都市「堺」でした。堺にはいまでも手作りのお香づくりをなさっている薫主堂がありますので、興味を持たれ方はぜひ訪れてほしいですね。

ソチオリンピックも終わりましたが、オリンピックという夢の舞台では、なかなか平常時の精神状態を維持するが難しかった選手も多かったと思います。そういう時にでも、心を落ち着かせるタイプのお香がたくさんありますので、皆さんも自分好みの香りを見つけていただきたいと思います。

This entry was posted in 生活習慣, 認知症, . Bookmark the permalink.