トランス脂肪酸について

margarine-ou-beurre

トランス脂肪酸という言葉をどこかで聞いた人も多いかもしれません。

トランス脂肪酸というとマーガリンやファーストフードのポテトなどに多く含まれています。トランス脂肪酸は悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を発生させるため、健康上に悪影響を与えるものと考えられています。

コレステロールは本来、栄養素を分解して吸収しやすくしたり、細胞膜の形成を助けたり、筋肉を作るホルモンの原材料になる成分です。ただし適正値を過ぎて増加すると、血管内に蓄積して動脈硬化の原因となってしまいます。

これがトランス脂肪酸が嫌われる要素になっています。

アメリカを筆頭に最近諸外国ではトランス脂肪酸に対して厳しい規制が導入されてきていますが、これは肥満が行き過ぎて社会問題化しているからです。そのためコレステロールの値が肥満を減らすための基準値となっており、その結果、コレステロール値を上げさせるトランス脂肪酸の摂取を減らすことが主要な目的となっています。それが規制の強化につながっている側面があると思います。

日本ではそこまで厳しい規制は導入されていません。これは調査の結果、トランス脂肪酸の日本人の平均的な摂取量が、WHOが目標値とする総エネルギー量の1%以下という数値を大幅に下回って、0.3%程度だからです。

なんでもそうですが、適正摂取量を超えた場合はどんなに体にいいものでも健康を損なう可能性があります。また、適正摂取量を下回る人が必要以上に気にするのも逆にストレスをためこみかねません。また日本では、栄養素に気をつかう方ほど、必要なカロリー摂取に満たない食生活を送ってしまいがちです。

大事なことは冷静に自分の食生活を振り返って、必要以上に総カロリーを取っていないか、適正なカロリーであっても一部の栄養素に偏向した食生活になっていないかを確認することです。

食物繊維を多く含む食品はコレステロールの値を下げる効果があります。またDHAやEPAを含むお魚にもそのような効果があります。コレステロールの値が気になる人は、野菜や青白魚を中心とした食生活に変えていきましょう。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.