グラノーラの商品比較

 
栄養成分表フルーツグラノラフルーツグラノラハーフフルグラGootaたっぷり野菜
エネルギー(kcal)172148178158
たんぱく質(g)2.22.63.22.7
脂質(g)4.91.16.42.16
糖質(g)29.131.125.230.4
食物繊維(g)1.51.93.63.0
ナトリウム(g)12712776180
ビタミンE(g)2.42.4
鉄(g)1.91.94.02.8
ビタミンB1(g)0.250.250.280.40
ビタミンB2(g)0.280.280.280.08
ナイアシン(g)2.82.82.93.5
ビタミンB6(g)0.250.44
葉酸(g)60605264
リン(g)6544
カリウム(g)10660

以前、朝食にグラノーラをお勧めしたことがありますが(朝食にはグラノーラを)、今回は実際に販売されているグラノーラの商品の栄養成分の比較をしたいと思います。 グラノーラで人気商品なのはケロッグとカルビーと日清ですのでこの三つを見てみたいと思います。

まずケロッグ社ですが老舗なのでいくつか種類を出していますが、現在は”フルーツグラノラ”と”フルーツグラノラハーフ”の2種類を出しています。

次にカルビーです。カルビーの商品はフルーツの入ったグラノーラということで”フルグラ”という商品名です。

三つ目が日清ですが、日清は”Goota”というブランドでグラノラ以外にも幾つか種類を出しています。玄米やフルーツなどのほかに、野菜にこだわった”たっぷり野菜”というグラノラ商品をだしています。

それぞれ朝食1食分の40gの内容物を比較したものが上の表ですが、結構どれも似ていることがわかりますね。フルーツグラノーラのハーフはさすがに脂質が1.1gと他と比較して非常に少なくなっています。カロリーも一番低いですね。とはいえほとんど20kcal程度の差でしかありません。

カルビーのフルグラには他と比較して一番食物繊維と鉄分が入っており、反面塩分であるナトリウムが控えめなようです。

日清のたっぷり野菜にはその名前の通りビタミンB1とナイアシンが一番多く含まれているようです。ナイアシンとはビタミンB3のことで、これが不足すると口内炎や皮膚炎、下痢の原因となります。

最期に味についてですが、ケロッグが本来のグラノーラの風味に近いように個人的には感じます。これはケロッグのほうに干しブドウなどがそのまま入っていてアクセントになっているからでしょう。他にもたくさんのグラノーラがでていますので、色々試して自分にとってのお好みの商品を見つけてほしいものです。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.