2型糖尿病の兆候について

tonyo

2型糖尿病とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度が正常値より高くなる症状のことです。主に運動不足や栄養過多などから発症する生活習慣病の一つです。

2型糖尿病はステルス的に進行してなかなか自覚症状を持つことができにくいため、病院に行くころには大きく進行してしまっているケースが多いです。とはいえいくつか特徴的な初期症状がありますのでご紹介します。

  • 頻繁にのどが渇いて、大量の水分を摂取するようになる
  • したがって頻尿になり、大量の尿を輩出する
  • そのあと甘いものを強く欲するようになる
  • 慢性的な疲労感がある
  • 尿に甘酸っぱい匂いがする
  • 立ちくらみがする
  • 目がまぶしく感じる

などです。水分を欲するようになるのは、血液中の血糖濃度が上がるため、浸透圧の関係で水分を欲するようになるということと、もう一つは血糖濃度を下げるために体が水分を欲するという理由があります。

そして排尿することで糖を体外に排出するわけですが、そのため一時的には血糖値は下がるのですが、そのために甘いものが食べたくなるのです。そこで甘いものを大量に摂取すると血糖値の値が激しく上下することになり、インシュリンの分泌機能がおかしくなってしまい、糖尿病になっていくのです。

上のような症状が体重の増加とともにあらわれだし場合は、お医者さんに相談することをお勧めします。また日常的で適度な運動と食生活の見直しも必要です。

This entry was posted in 食事, 生活習慣. Bookmark the permalink.