ハチミツの効能

honey_mitsubachi

はちみつを紅茶にいれて愛飲されている方もおられると思います。

はちみつは様々な栄養素を含んでいます。特にハチミツが持つビタミンは、サプリメントなどに含まれている人工的なビタミンとは違った良質なビタミンを含んでいます。ビタミンには活性型と不活性型があり、はちみつは活性型で活性型は少量でも健康に効くのです。

またはちみつは砂糖と比べてカロリーが低いうえ、消化吸収も速いので、ダイエットやスポーツにも効果的です。登山やサイクリングなど大量のカロリーを消費するスポーツにおいてはちみつは大いに愛用されています。エベレストを人類で初めて登頂したエドモント・ヒラリーさんははちみつをなめ続けながら登頂したと言います。

はちみつはブドウ糖と果糖のみによって構成されているので、これ以上胃の中で分解する必要はないため、胃に優しく、病人や胃が荒れている人にやさしい食品です。

はちみつが古来から人間に親しまれてきたのには理由があります。それは殺菌効果が非常に高く、細菌が繁殖しにくい食品だからです。このため賞味期限は2年以上持つと言われており、風味も5年近くたっても落ちないと言われています。そのため冷蔵庫のない時代では、はちみつの携帯性と保存性は尊ばれてきたのです。

この他はちみつには、美肌効果や免疫力の強化、そして二日酔いや下痢の防止などに効果があると言われています。是非紅茶を飲む際は、砂糖だけではなくハチミツを入れるようにしたいものですね。

画像はいらすとやさまから頂きました。

This entry was posted in 食事, ダイエット. Bookmark the permalink.