ラウンドワンは健康にいい!?

roundone

ラウンドワンというと様々な娯楽を集めた街中のテーマパークみたいな場所ですが、もともとは堺市内のボウリング場から始まった堺創業の企業です。今では全国にありますね。

ラウンドワンは閑古鳥が鳴いていたボーリング場を半分にして、残りの半分にビリヤード台などを設置して、複合的な娯楽施設に変えた後から人気が出てきたそうです。色々遊べますが、とはいえラウンドワンというとボーリングが思い浮かびますね。

ボーリングは認知症対策に非常に良いスポーツです。というのはボーリングは体を動かすと同時に、どのポールを倒すのか頭を使うゲームでもあるからです。

この体と頭を同時に使うというのが、認知症には効果的なのです。認知症ではアミロイドβというたんぱく質が認知症リスクを高めていると言われてきましたが、最近の研究ではBDNFと呼ばれる液体タンパク質が、認知症予防に効果があることが明らかになりつつあります。

そしてこのBDNFというたんぱく質は、頭と体を同時に使うとその分泌が増えることが知られているのです。

脳の老化には顕著なシグナルがあり、それは”何かをすることで他の何かを忘れる”ということです。このような経験は誰にでもあることだと思いますが、それが頻繁にかつ顕著に表れるならそれは脳の老化のサインであると言えるでしょう。

そういうサインが出てきたら、頭と体を同時に使う運動を意識してやってみましょう。ボーリングだけではなくビリヤードやゲートボールなどはそういうスポーツですよね。単調なウォーキングなどは飽きやすくて続かない人でも、仲間と一緒にボーリングを楽しむのは難しくないと思います。

This entry was posted in 運動, 認知症, . Bookmark the permalink.