シオシオクイズのご紹介

enbunryou*クリックすると拡大します

今週の週刊文春に認知症予防対策として、”減塩生活のすすめ”が特集されていました。

その中で日本一の長寿県として知られている長野県の須坂市での健康講座で使われている塩分摂取についてのアンケート、シオシオクイズがよくできているので紹介します。

〇か×でお答えください。

  1. 人間1人が一日に取らなければならない塩分量は5gである。
  2. 汗をかく人は塩分を多めに取らなければいけない。
  3. 食パン1枚とご飯1杯の食塩量は同じである。
  4. さるぞばとざるうどん、塩分が多いのはざるそばだ。
  5. 筑前煮ときゅうりのぬか漬け3枚では筑前煮のほうが塩分量が多い。
  6. カリウムは血圧を下げる効果がある。
  7. カリウムは野菜や海草に多く含まれている。
  8. 味噌大さじ1杯に含まれている塩分は約1gである。
  9. 食品表示で「うす塩」と「うす塩味」の塩分量は同じである。

このアンケートは塩分摂取に関するトリビアであふれているので勉強になりますね。

塩分の摂取過多は知識のなさからくるものも多く、意識づけるだけで塩分量の過剰摂取を回避できると思います。塩分の過剰摂取は高血圧や動脈硬化につながり、脳梗塞や脳出血と言った病気を引き起こします。是非減塩生活をこころがけましょう。

クイズの答えは次の通りです。

  1. × 1~1.5g程度
  2. × 普段の食事で十分
  3. × 食パン1枚は0.8g、ご飯は塩分ゼロ
  4. × うどん1人前は0.2~0.8、そばは塩分ゼロ
  5. 〇 筑前煮1人前は約2g、きゅうりの糠漬け3枚なら約1.3g
  6. × 塩分を体外に排出する作用がある
  7. 〇 昆布やわかめ、パセリにとくに多い
  8. × 信州みそは約2.3g
  9. × うすしお味は減塩とは限らない
This entry was posted in 食事, 生活習慣, 認知症. Bookmark the permalink.