噛み合わせがもたらす健康

ha

欧米では、歯の噛み合わせは結構重視されます。アメリカでは学生の人の多くは歯の矯正をしています。

なぜ矯正する人が多いのかというと、やはり見た目、美容だと思います。日本では、たとえば八重歯はかわいいと感じられるかもしれませんが、アメリカでは残念ながらそうは受け取られないようです。そこでみんな一生懸命に矯正するのです。

次にやはり健康です。噛み合わせがうまくいかないと、体の様々なところに悪影響が出ます。

頭痛やめまい、肩こりに悩まれる方も多いのですが、なかなか歯の噛み合わせが原因だと思うことは少ないので、原因究明に時間がかかってしまうことがよくあります。

頭痛の場合は片頭痛が発生することが多いです。

食事の際、片噛などが癖になっていると、歯の高さが左右で違ってきて、結果噛み合わせのずれが生じてそのような症状を引き起こすのです。右でかむ癖がある人は左肩にコリを感じることが多いそうです。

こういう症状の場合は”均等噛み合わせトレーニング”をするとよいそうです。

また年齢とともに奥歯がすり減ってきたり抜けてきたりすると、頭部が後ろに傾斜することになります。こうなると姿勢も自然と猫背になってきて前傾してきます。これにより脊椎間神経が圧迫されるようになり、腰痛を発症する可能性があります。

また脳につながる脊椎間の神経が圧迫されることによって、聴覚にも影響を及ぼし、老人性難聴といった症状がでることがあります。

このように歯の噛み合わせが、思いもよらない体の他の部分に影響を及ぼすことがあります。ですので、慢性的にそのような症状を抱えてなかなか原因がわからないという人がいたら、一度噛み合わせについて疑ってみてはいかがでしょうか。

*画像はコムネット様から頂きました

This entry was posted in 生活習慣, その他. Bookmark the permalink.