次世代の砂糖、希少糖

keiki

まだほとんど知られていませんが、”希少糖”と呼ばれる新しいタイプの砂糖が出てきました。

この希少糖というのは、香川大学の何森健博士が大量生産の手法を開発したもので、単糖と呼ばれる砂糖の一種です。特にD-プシコースと呼ばれるタイプの開発と研究が進んでおり、ほとんどカロリーがないにもかかわらず、通常の砂糖の甘味の70%を保持しているという優れものです。

希少糖の効能には「血糖値の上昇が緩やか」であるとか「内臓脂肪の蓄積を抑える」などがあります。

この希少糖を使ったスイーツを食べた人の感想によりますと、後に残る甘さがなく、さっぱりとしてさわやかな甘さを感じるそうです。

とはいえまだまだ大量生産が始まったばかりで、なかなか高価な文字通りの希少な砂糖なのですが、最近はスーパーでも置いてあるところが出てきました。”レアシュガースウィート”という商品です。通販サイトでも買えますので、一度おためしなってはいかがでしょうか。

This entry was posted in 食事. Bookmark the permalink.