代謝量の増える冬の季節にこそ運動を

HEATTEC

冬は寒いのでどうしても家に閉じこもってしまいがちです。でも代謝量という観点から見れば、夏よりも冬のほうが運動に向いているのです。

夏になるとなにもしなくても汗をかきますよね。汗をかくとなんだか運動をした気がして代謝量があがったような感覚を持つかもしれませんが、そんなことはないのです。汗をかいた分は単純に体から水分が抜けただけであり、脂肪が流れ出したわけではないのです(笑。水分を補給すると簡単に元に戻ってしまいます。

人間は恒温動物なので、一定の体温を維持するためにはエネルギーが必要です。夏だと体温維持は簡単ですが、冬ではエネルギーを使わなくては維持できないので、冬のほうが代謝量が自然と多くなるのです。夏と冬では代謝量に10%程度の違いが出てくるそうです。

また冬ですとのどが渇いて頻繁に水分補給する必要もないため、運動そのものに集中できます。熱射病にかかる危険性も低く、夏と比較して長時間運動を続けることができます。その意味でも冬はまさに余ったエネルギーを消費するのに向いている季節と言えるのです。

もちろんデメリットもあります。動いている間は温まっていても、すこし休止すると途端に発汗した汗が冷えて体温が落ち風邪の原因になります。しかし最近は発汗による水蒸気を熱に変えてくれる素材の開発が進み、また速乾性の高い衣類もでてきました。ユニクロのヒートテックが有名ですよね。これらの素材はなにもスポーツマンだけのものではなく、年齢問わず普段着としても積極的に利用してほしいものです。

また冬はどうしても日暮れが早くなりますから、できればウオーキングなどは日中にすましてしまいましょう。どうしても早朝や夕方時しか時間が取れないというなら、反射ベルトなどの着用をお勧めします。冬の衣類はどうしてもダーク色になりがちで、視認性が著しく落ちますので交通安全のためにも利用したいものですね。

HANSHA

This entry was posted in 運動, 生活習慣. Bookmark the permalink.