高齢者にもお勧めのあったかスポーツタイツ

innertaitu

高齢者の方にはいわゆる”ステテコ”を好まれる方も多いと思います。ステテコはズボンの中にはくインナー的下着ですが、これをはくことであたたかさが全然違いますよね。

ステテコの語源は、明治時代に流行した江戸は吉原の太鼓持ちが宴席で 後ろ鉢巻にじんじばしょり、半股引き姿で、「ステテコ・ステテコ」と声を挙げながら踊る姿からステテコ踊りと呼ばれたことから、着物の裾から見えていた下着のことをステテコと呼ぶようになったとする説と、下に穿いた下着の丈が長くて邪魔であったため、裾から下を捨ててしまおうということでステテコと呼ばれるようになったという二つの説があるそうです。

最近はスポーツウェアとしてのステテコが出てきています。レギンス、アンダーウェアなど呼び方は様々ですが、現代版ステテコと呼んでさしつかえないでしょう。下着というよりもはやスポーツウェアになっていますが、防寒性、速乾性、そして収縮性に優れており、スポーツのみならず生活下着としても十分に使いやすい素材になっています。

従来のステテコと一番違うところは適度な締めつけ感でしょうか。まったくないものと比べれば筋肉を適度に緊張させて、むくみやだるさを取り除いてくれ疲労が後に残りません。

そろそろ寒い季節にはいってきますので、1着はお試しになってはいかがでしょうか。画像はモンベルのジオラインと呼ばれるものですが、生活下着のみならず、ハイキングやウオーキングやサイクリングなどにも使える優れものです。

This entry was posted in 生活習慣, その他. Bookmark the permalink.